制服インフォメーション -ゆにめいと- > 【制服学】制服研究
2015年02月17日

【制服学】「京都の高等女学校と女学生」企画展 日本初のセーラー制服(平安高等女学校)に行ってきました

先日、京都市下京区に在る京都市学校歴史博物館に行ってきました。

京都学校歴史博物館01.jpg

主となる目的は3月29日まで行われている企画展「京都の高等女学校と女学生」です。

京都市学校歴史博物館「京都の高等女学校と女学生」.jpg

当然ながら館内は写真撮影禁止ですので文章での感想となりますのでご了承ください。

展示室には明治から昭和初期に至る各高等女学校の生徒さんの授業や様子、記念写真などがパネルとして展示され、貴重な書物なども多く出展されていましたので、歴史を学べる大変有意義な企画展でした。

写真パネルの中でも特に精華高等女学校(現京都精華女子)の集合写真が目を引きました。
昭和6年(1931年)〜 昭和8年(1933年)、和装制服から洋装制服に年を追うごとに変わりゆく生徒の服装が分かり易く見て取れます。

さて、いよいよ本命の平安高等女学校(現平安女学院)の日本初のセーラー服についてです。
と、その前に……。

日本初のセーラー服という事で、制服に御関心のある方ならご存知かと思いますが、平安女学院と福岡女学院の制服のセーラー服発祥校を巡る、どっちが元祖・本家・真打?てな妖怪ウォッチな論争にも触れておかねばならないのです。これについては多くのサイトで語られて居ますのでかなり簡単にご説明しますね。そうなんです、妖怪の仕業なんですよ。。。。

--------------------------
☆日本初のセーラー服について☆

1980年代当時、大正10年(1921年)制定の福岡女学院のセーラー服が、「日本初のセーラー服」との報道(どこ発信かは分かりません)で全国に周知され既成事実となった。

ところが2007年に制服メーカー「トンボ」の調査で、平安女学院のセーラー服が1年早い大正9年(1920年)に制定されていた事が判明。これにより日本初のセーラー服制服は平安女学院となったわけです。

ところがこの平安女学院のセーラー服は身頃がワンピースタイプ。一方で福岡女学院は上衣とスカートがセパレートになっており、現在の「セーラー服」と呼ばれるタイプに近い物でした、その為、福岡女学院は全国的に知れ渡ったセーラー服の原型は本校であると主張している。

※えっと歴史に疎いのでもし間違ってたらご一報ください(汗)
--------------------------

☆セーラー服の定義とは☆

とまぁ色々述べましたが、とにもかくにも今の生徒さんにとっては、セーラー服の定義は、「セーラー襟」があれば、胴部やスカートがどんな形状であれ、通称「セーラー服」なんですよね。

当サイトゆにめいとでは、制服における「セーラー服」の定義は、「上着とスカートはセパレートタイプ・上衣の丈が短い・胴部が包まれた形状」の服をさしております。どちらかと言えば福岡女学院の見解寄りになりますね。ですが、正直な気持ちはどちらも正解でいいと思います。(逃げた)

なのでゆにめいとではセーラー服とは別に昨今採用の多いセーラー襟の付いた丈の長いブレザータイプの物をセーラージャケット等と分けて表現しております。

--------------------------

お待たせしました。企画展の話に戻ります。

☆冬服レプリカ制服と当時の写真パネルを見比べて☆

展示品はパネルによる平安高等女学校の当時の冬服と夏服の写真と共に、セーラー制服の冬服レプリカでした。

※いずれも京都市学校歴史博物館「京都の高等女学校と女学生」紹介ページに画像が載っています。下記リンク先をご参照ください。
http://kyo-gakurehaku.jp/exhibition/h26/1220/index.html

ちなみにこのレプリカの制服は、平安女学院大学有栖館(有栖川宮旧邸)にて保存されていた制服と思われます。有栖館はしばしば特別公開として期間限定で一般に公開されているようですが、そちらではこの冬服に加え、夏服(レプリカ)、昭和52年(1977年)当時のブレザースタイルの制服が展示されていました。

レプリカの制服と当時の冬服写真を見比べた所、セーラー襟が二層になっている点等、ほぼ当時の制服を復元されているように思えましたが、細かな色合いは恐らく紺であろうという点以外に若干気になった所が幾つかありました。

・スカートのプリーツ
・ベルトのバックル
・スカーフの有無
・袖口も二層(インナー生地を折り返してる?)


ちなみにこのレプリカには襟と袖口に明紺のラインが2本入っていますが、2007年のオープンスクールで披露されたレプリカはエンジの3本ラインでした。色については当時の写真から紐解くのは難しいので、実際はエンジでは無く明紺だったのかもしれませんね。それはそうとあのレプリカはいずこへ??

☆夏服レプリカ制服と当時の写真パネルを見比べて☆

スカーフや夏服の色合いについてはこんな感じなのかなっという感じでご容赦ください。一応有栖館に保管されていたレプリカはこのような配色でした。

今回夏服は出展されていなかったのですが、夏服は有栖館にて展示された夏服のレプリカも、スカートや袖口、スカーフに当時の写真とは相違が見受けられます。独立したスカーフではなく、二層の襟カバーの両端が胸元で結ばれる(スカーフ留め?)形になっています。セーラー襟と一体型のネクタイになっている制服も現存しますがそのようなタイプですね。

また、袖丈はレプリカは半袖でしたが、写真を見る限り七分袖ではないかと思われます。とはいえレプリカですので余り細かい事は言えませんね。ちなみに熊本県立八代高等学校の中間服は七分袖のセーラー服です。

というわけで、レプリカではなく、当時の制服写真を基にドット絵を作ってみました。

平安高等女学校日本初セーラー服ドット絵

--------------------------

☆見学してのまとめー☆

それにしても日本初のセーラー服の制服が実はセーラータイプのワンピースだったというのはなかなか興味深いですよね。現にワンピースは多くの女子校の制服でも採用されてきましたし。セーラー襟ではなくとも全国各地伝統あるお嬢様系女子制服の代表的スタイルであることは否めません。

また、インナーのように見えますが襟の部分で折り返してカバーとなっている点は、時代を考えると意外とおしゃれ、あ、オサレだなぁと感心しました。

というわけで、今回は京都市学校歴史博物館で催されている、「京都の高等女学校と女学生」についてお話させて頂きました。あ、そうそう、別の写真パネルでは上衣がセーラー服にもんぺ姿で授業を受けている女学生の写真もありました。昭和に入っての戦時下では憧れのセーラー服を上下着る事なく卒業されていった生徒さんもいたそうです。このような時代背景も感じることも出来ますし、常設展では京都の小学校の歴史も学べますよ。

京都学校歴史博物館04.jpg

「京都の高等女学校と女学生」
期間 :平成26年12月20日(土)〜平成27年3月29日(日)

京都市学校歴史博物館
〒600-8044  京都府京都市下京区御幸町通仏光寺下る橘町437?
TEL 075-344-1305 / FAX 075-344-1327
http://kyo-gakurehaku.jp/Default.htm
--------------------------

☆最後の最後に☆

余談ですが正直来館客が殆ど居なかったので、常設館にいらっしゃった学芸員さん(?)と
小一時間ばかり京都市内で進む小中学校の統廃合についてお話を聞かせて頂きました(笑)

この京都市学校歴史博物館も元々は廃校となった旧開智小学校を再利用したものです。
京都学校歴史博物館03.jpg

京都学校歴史博物館02.jpg

校舎内は木造廊下等、懐かしい面影が綺麗に保存されていました。
企画展以降も常設展はされてますので京都にお立ち寄りの際は行かれてみては如何でしょうか?



posted by 島本伯弥 at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【制服学】制服研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年11月15日

【制服学】全国制服実勢調査 高校女子制服冬服デザイン考察その2 セーラー服実勢調査

ゆにめいとオリジナル制服企画。全国制服実勢調査。
独自調査に基づいた全国の私立、公立小中高校制服データの数々を独自の観点で集計、報告します。

今回はセーラー服についての実勢調査を行いました。
2000年〜2015年度(予定)の全国高校冬服においてセーラー服を採用している学校を集計しました。
まずはこちらのグラフを参照してください。

----------------------------------------------------------


はじめにこのデータにおけるセーラー服の定義を説明しておきます。
冬服の上着、もしくはそれに準ずるインナーに、セーラー襟が施されている制服もしくは学校指定の標準服としております。

次に純正と亜種の定義ですが、純正とはオーソドックスなセーラー服が対象です。(下記ドット絵の9番のようなスタイル)
亜種とはセーラー襟の施されたブレザーや、セーラー襟のブラウスに襟なしジャケットを羽織るといったスタイルが対象となります。(下記ドット絵の10〜12番のようなスタイル)

----------------------------------------------------------

まずセーラー服そのものの実勢状況としてですが、
かなり緩やかではあるものの、2000年度には714校で採用されていたセーラー服は、2015年度には627校と、実にこの15年間で約100校もの学校からセーラー服が引退という結果となりました。
引退理由はブレザータイプへのモデルチェンジ、若しくは学校そのものが統廃合、閉校したなど様々ではありますが、かつての女子制服の代名詞でもあるセーラー服は、確実に衰退の一途をたどっています。

全体的にも減少傾向にあるセーラー服ではありますが、特に顕著な例が純正セーラー服の衰退です。純正・亜種のみで比較したグラフを表示すると一目瞭然です。亜種に関してはほぼ横ばいではあるものの、純正は年々その数を減らしつつあります。

純正セーラーが激減する中、亜種セーラー服がほぼ横ばいの傾向となった主な理由としては、セーラー服の伝統を受け継ぎ、現代的なスタイルにモデルチェンジした学校、新たにセーラータイプの制服を採用した学校等が挙げられます。

この15年間のセーラー服の実勢状況から考察した所、セーラー襟そのものは女子制服の象徴としての位置づけは崩れておらず、新規採用する学校も少なくはないという事が伺えます。確かに馴染みのある純正セーラー服については今後も減少を続けると見込まれますが、セーラー服そのものは今後も時代と共にスタイルは変わりながらも受け継がれていって欲しいものです。


ブログパーツ




posted by 島本伯弥 at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【制服学】制服研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年10月11日

【制服学】全国制服実勢調査 高校女子制服冬服デザイン考察その1

ゆにめいとオリジナル制服企画。全国制服実勢調査。
独自調査に基づいた全国の私立、公立小中高校制服データの数々を独自の観点で集計、報告します。

現在ゆにめいとで所有している学校制服データは国公立私立専門の高校女子制服だけで18300種。
男子制服、中学も含めると30000種に及ぶデータとなります。

残念ながら公的機関からお墨付きを頂いたデータではありませんが、学校制服の文化的研究における資料的価値あるデータとなるよう、日々情報の精査とデータのブラッシュアップに励んでおります。

この度、この制服インフォメーションブログにおいて、以前のブログ
あおいはるとともに -制服研究室ゆにめいとブログ-
にて定期的に【制服学】として記事にしてまいりました制服研究発表をこのブログにて再開したいと思います。

まずは2014年度女子制服統計分析について複数回に渡りお送りします。
また、過去のデータを参照し制服の移り変わりやセーラー服の推移についてなど、
細かな部分まで追求した分析結果をお伝えしていく予定です。

----------------------------------------------------------
yunimate_logo.gif
【制服デザインについて】

まず一概に制服と言いましても大きく分ければ女子ではブレザーかセーラー服、男子なら詰襟学生服かブレザーと大別される事と思われます。
ですが女子制服には単にブレザー型と呼称するだけでは区別しにくい珍しいデザインの制服も多く存在します。
そこで制服デザインの統計をお伝えする前に、ゆにめいとでは制服デザインの呼称について以下のように表現・定義させていただいております。

高校女子制服冬服デザイン一覧ドット絵

高校女子制服冬服デザイン一覧

【1】ブレザー(3つボタン)
【2】ブレザー(2つボタン)
【3】ブレザー(ダブル)
【4】イートンジャケット ※襟なし
【5】ダブルスペンサージャケット ※身頃丈の短いダブル型
【6】シングルスペンサージャケット ※身頃丈の短いシングル型
【7】シングルジャケット 
【8】ボレロ
【9】セーラー
【10】セーラージャケット ※セーラー襟がジャケットと一体型
【11】セーラーブラウス+ジャケット ※セーラー襟がジャケットと分離型
【12】セーラー+ジャケット ※セーラーに防寒用ジャケットを合わせるタイプ

このほかワンピース、セーラーワンピース、セーター、カーデ、コート等もあります。
これらの呼称をベースとして今後デザイン考察を行いますので参考にして下さい。

--------------------------------------------------------------------------------
ブログパーツ

--------------------------------------------------------------------------------

posted by 島本伯弥 at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【制服学】制服研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年10月09日

【制服研究】東京都内における服装自由高校の現状についての考察

 先日yahoo知恵袋にて東京都の服装自由校における生徒さんの服装について質問をされた方がいらしゃいました。
質問に対して私が回答した記事に、知恵袋での回答では差し控えた部分も加筆修正し、制服研究記事としてこちらでも記載致します。

 質問は、制服の無い学校なら私服で通学してもいいのに、制服を着ている人が多いことへの疑問と、制服を着るにしても生徒によって女子ならスカート、リボンやネクタイ、男子なら学ランやブレザー等、各々に自由でいいのでしょうかというものでした。

 現時点で私の所有するデータに基づきお話させて頂きます。

--------------------------------------------------------------------------------
yunimate_logo.gif
東京都内国公立・私立の高校および専門校の高等課程の総計 467校
このうち服装規定に関して以下のような統計が出ております。

・制服を義務化している学校 
私立  87%
国公立 74%

・標準服・基準服を設けている学校 
私立  12%
国公立 26%

・服装は完全自由な学校 
私立  6%
国公立 11%


--------------------------------------------------------------------------------
≪考察≫

 標準服等を定めている多くの学校では殆どの生徒さんが標準服を着用されているようです。式典や行事以外は自由であっても、毎日着る服に悩むくらいなら標準服を着ておけば良いのですから、おのずと標準服を着用する生徒さんが増える事も納得できます。

 また、女子生徒にとってファッション的な意味合いでも標準服がチェック柄の今風の仕様であったり、セーラー服が伝統の学校などでは特に標準服を着用する傾向が高いです。一方でごく一般的な紺サージの標準服を採用している学校では、市販品のスクールファッションで通学する生徒さんが多数います。女子生徒らしい感覚が、自然と学校の校風を変えている一面でもあります。

 他方、制服や標準服を義務付けていない学校というと、私服通学で良いのですが制服スタイルで通学する生徒が増えています。10年以上前ならばいわゆる私服姿が多かったのですが、ここ数年で大きく様変わりしました。

 その要因としてファッションとしての制服スタイルの確立が挙げられます。昨今では多種多様なフリーの通学用アイテムが市販されており、スクールファッションに特化したブランドも存在するほどです。ですので同じ学校、同じような制服スタイルであってもスカートやリボン、ブレザーにしても各々が好みのデザインを選んで通学されています。

 制服スタイルの確立は、機能的な面はもちろん、服装自由を謳う学校の意図する、「規律ある自由」という観点からも歓迎されるべき流れではあると思いますが、やはりその根幹はファッションに敏感な女子生徒のセンスの賜物。制服姿の方が可愛い、高校生だからこそ制服を着れる時間を大切にしたいという思いが今の流れを導き出したのかもしれませんね。

--------------------------------------------------------------------------------
ブログパーツ

--------------------------------------------------------------------------------

posted by 島本伯弥 at 17:33 | Comment(0) | 【制服学】制服研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。